【進路選択において自分自身で意思決定できるようになることを目指して@コラソン千葉FC】

Career Training, Column

「客観的なデータをもとに自分自身を知る」

2021年6月より、千葉県千葉市に拠点を構えるコラソン千葉FC様のトレーニングを開始しております。

https://coracao-chiba.com/wp/wp-content/uploads/2021/02/img_rinen_2015-1.png

同サッカークラブは「5つのC」をクラブ理念として掲げ、自分で考えて判断出来る選手を育てるための関わりを大切に指導しています。今回、U-15の選手一人ひとりが今後の社会に求められる自主自立的意思決定ができるようになってほしいというコーチの願いを受け、チーム全体・選手個別に向けたキャリアトレーニングを半年間、実施することになりました。

<トレーニング内容>

初回となる今回は、「自分自身の強み、弱み、特性を理解する」というテーマでオンラインにて、キャリアトレーニングを実施しました。トレーニングではビノベーション®️レポート※1の受験結果を解説しました。

https://updraft-sports.jp/wp-content/uploads/2021/04/%E7%B4%B0%E7%94%B0%E7%94%BB%E5%83%8F%E2%91%A2.png

※1:行動変革を促進し、人と組織の力を引き出すことを目的に開発された心理アセスメント。スポーツ庁委託事業「アスリートキャリアコーディネーター育成プログラム」に採用されている。弊社では開発元のブライトン・コンサルティングと事業提携し、同レポートをキャリアトレーニングに活用。部活動やクラブチーム、企業など、若年層〜社会人まで、幅広い層に向けてデータを活用したトレーニングを開発・提供している。

レポートを読み解くうえで重要な3つのテーマについて、4人1組に分かれてディスカッションをし、一人ひとりの個性の理解を深めました。

<トレーニング後 選手たちの声>

  • 今回自分がどういう性格などがわかったのでこの自分の性格を理解してサッカーに活かして行けたらいいと思いました。また今後の進路にも活かしていけたらいいと思いました。
  • 自分の性格や相手からどう思われているのかが分かって、今後の関わりがしやすくなりました。
  • お互いにチームメイトの考えていることなどが知れていい機会になったので今後のトレーニングも楽しみです!

<トレーナーからの一言>

真剣な眼差しで話をきき、ディスカッション中では選手同士で活発にコミュニケーションを取っておりました。本日の選手たちの表情を見て、今後の進路や社会に出た時に自主自立的意思決定が出来るようになってほしいと強く感じました。今後も選手達が「自分を知る、相手を知る、社会を知る」ために良い気づきを与えてまいります。

updraft トレーニング&コンサルティングチーム